« 大和芋を収穫 | トップページ | 春の食卓 »

バインミーを食べる!

R0018163

バインミーってなぁに?
それはベトナムのサンドイッチ。
フランスパンにレバーペ-ストを塗り、ハムや香草、大根とにんじんの「なます」をサン)
バインミーってなぁに?
それはベトナムのサンドイッチ。
フランスパンにレバーペ-ストを塗り、ハムや香草、大根とにんじんの「なます」をサンド。
フランス統治時代に生まれたベトナムの食文化なんですって。
高田馬場のバインミー屋さんで、精進豆腐シューマイのバインミーも販売するイベントがあるというので予約して買いにいくことに。
さて。。。
お店につくと10人以上の行列ができていました。
作りながらの販売なので20分くらいかかってやっと買えたわ。
店の前のベンチでさっそく頬張る。(笑)
パクチーの香りが美味しい!
ほんとに「なます」だ。
大根とにんじんの酢浸け。
パンは意外と表面サクサクでした。
パンとなますって合うんだね。
はじめてのバインミー。
美味しかったよ♡
 
 
パクチーの香りが美味しい!
 
ほんとに「なます」だ。
 
大根とにんじんの酢浸け。
 
パンは意外と表面サクサクでした。
 
パンとなますって合うんだね。
 
はじめてのバインミー。
 
美味しかったよ♡
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
それはベトナムのサンドイッチ。
フランスパンにレバーペ-ストを塗り、ハムや香草、大根とにんじんの「なます」をサンド。
フランス統治時代に生まれたベトナムの食文化なんですって。

高田馬場のバインミー屋さんで、精進豆腐シューマイのバインミーも販売するイベントがあるというので予約して買いにいくことに。

さて。。。
お店につくと10人以上の行列ができていました。
作りながらの販売なので20分くらいかかってやっと買えたわ。
店の前のベンチでさっそく頬張る。(笑)

パクチーの香りが美味しい!
ほんとに「なます」だ。
大根とにんじんの酢浸け。
パンは意外と表面サクサクでした。
パンとなますって合うんだね。
はじめてのバインミー。
美味しかったよ♡
高田馬場のバインミー屋さんで、精進豆腐シューマイのバインミーも販売するイベントがあるというので予約して買いにいくことに。

さて。。。
お店につくと10人以上の行列ができていました。
作りながらの販売なので20分くらいかかってやっと買えたわ。
店の前のベンチでさっそく頬張る。(笑)

パクチーの香りが美味しい!
ほんとに「なます」だ。
大根とにんじんの酢浸け。
パンは意外と表面サクサクでした。
パンとなますって合うんだね。
はじめてのバインミー。
美味しかったよ♡
バインミーってなぁに?
それはベトナムのサンドイッチ。
フランスパンにレバーペ-ストを塗り、ハムや香草、大根とにんじんの「なます」をサンド。
フランス統治時代に生まれたベトナムの食文化なんですって。
高田馬場のバインミー屋さんで、精進豆腐シューマイのバインミーも販売するイベントがあるというので予約して買いにいくことに。
さて。。。
お店につくと10人以上の行列ができていました。
作りながらの販売なので20分くらいかかってやっと買えたわ。
店の前のベンチでさっそく頬張る。(笑)
パクチーの香りが美味しい!
ほんとに「なます」だ。
大根とにんじんの酢浸け。
パンは意外と表面サクサクでした。
パンとなますって合うんだね。
はじめてのバインミー。
美味しかったよ♡
バインミーってなぁに?
それはベトナムのサンドイッチ。
フランスパンにレバーペ-ストを塗り、ハムや香草、大根とにんじんの「なます」をサンド。
フランス統治時代に生まれたベトナムの食文化なんですって。
高田馬場のバインミー屋さんで、精進豆腐シューマイのバインミーも販売するイベントがあるというので予約して買いにいくことに。
さて。。。
お店につくと10人以上の行列ができていました。
作りながらの販売なので20分くらいかかってやっと買えたわ。
店の前のベンチでさっそく頬張る。(笑)
パクチーの香りが美味しい!
ほんとに「なます」だ。
大根とにんじんの酢浸け。
パンは意外と表面サクサクでした。
パンとなますって合うんだね。
はじめてのバインミー。
美味しかったよ♡

|

« 大和芋を収穫 | トップページ | 春の食卓 »

食べ歩き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/97500/62073722

この記事へのトラックバック一覧です: バインミーを食べる!:

« 大和芋を収穫 | トップページ | 春の食卓 »